ウォーターサーバーの使用感

ウォーターサーバーの使用感

ウォーターサーバーを使用しようと思ったとき、最初は電気代が気になりました。

 

水をずっと冷水に保つと言うことで、いったいどれくらいの電気代がかかるのだろうと不安に思ったのです。

 

そこで調べてみるとウォーターサーバーによって電気代の幅があると言う事が分かりました。

 

だいたい一ヶ月単位で考えると、一番安いものでは300円程度ですが、平均的な電気代は1000円程度と言う事が分かりました。

 

平均で一ヶ月1000円程度ですから、一日に換算すると30円程度なのでこれが高いか安いかをよく考えてから決めました。

 

結局一日に30円程度と言う事は、エアコンを一時間つけておくのと変わらないくらいの電気代なので、それならばそこまで負担にはならないと言う事で設置を決めました。

 

設置をして使ってみると、それはもう快適です。毎日冷たい水が飲めるのですから便利そのものなのです。

 

夜寝付きが悪いときにちょっと水を飲みたいと言う時でも、すぐにボタン一つで冷水が飲めるのです。

 

こういう便利だと言う事を考えると、電気代が一ヶ月1000円くらいなら安いものなのかなと思います。

 

おかげで、今はウォーターサーバーなしでは生活できないくらいになっていて、毎日使用しています。

ウォーターサーバーはかなりの割高

 

ウォーターサーバーの水の値段は1リッターあたり100〜120円くらいといわれています。

 

スーパーなどで販売されているミネラルウォーターは2リッターで100円くらいのものもありますのでかなりの割高です。

 

また蛇口から出てくる水道水は1リッターあたり0.2円くらいといわれています。

 

しかも最近の水道水はどれも安全でお腹を壊すということはありませんので、ウォーターサーバーがかなりの割高だという認識も広がってきました。

 

またウオーターサーバーの水は残量が少なくなってくると空気に触れるので細菌が繁殖しやすくなるといわれています。

 

この細菌の量が多くなってくるとお腹を壊すこともあるようです。

 

一方の水道水は細菌なんてほとんどいませんのでウォーターサーバーは考えようによっては割高なうえに衛生的でないということも言えます。

 

しかもウォーターサーバーの水の原料は水道水である場合が多く、これを加工してボトルに入れています。

 

こうした雑菌が嫌な人はボトル型の水ではなくパックに入っているウォーターサーバーを選ぶのをおススメします。

 

パック型の場合空気に触れませんので細菌が増殖することもなく衛生的です。

 

特にあまりウォーターサーバーを使わない人はパック型のほうがおススメです。

ウォーターサーバーと2つの意味での安全性

 

ウォーターサーバーという機器では、しばしば安全がアピールされています。

 

安全というのは、2つの意味合いがあります。

 

1つ目ですが、チャイルドロックと呼ばれる機能です。

 

サーバーの機器からは、お湯と水が出てきますね。

 

サーバーのお湯は、かなり熱いです。

 

サーバーによっても異なりますが、80度を超える熱湯が出てくるケースが多いようです。

 

ところでご家庭によっては、小さなお子様がいらっしゃいますね。

 

小さなお子様がサーバーのつまみをひねって、熱湯が出てきてしまったとします。

 

するとお子様が火傷をしてしまう可能性があるのです。

 

このためサーバー機器によっては、お子様が火傷をしないようにお湯のつまみに対してロックが施されている場合があります。

 

つまりお子様に対する安全面が、重視されている訳ですね。

 

もう1つの安全ですが、放射能です。最近では放射能の拡散により、水の安全性がちょっと心配な方もいらっしゃるのです。

 

このためウォーターサーバーの会社は、自社サイトにて放射能の検査は行っているとアピールしているケースがあります。

 

このようにウォーターサーバーというのは、チャイルドロックと放射能検査という2つの意味で安全性が強調されている訳です。